浸け置き後、歯ブラシなどで擦り洗いします。

すると、こんな感じで細かい箇所まで茶渋がとれます。